銅 爺

広島周辺で身近な写真を撮り投稿しています。

ボートレース宮島 ROAD CARAVAN

 ボートレースを気軽に体験できるコンテンツをご用意しお待ちしております。
ぜひマリーナホップにお立ち寄りください!(概況)



 ■ボート展示

 ■BOAT RACE VRコーナー
 360度のVR映像でボートレースの臨場感・スピード感をリアルに体験しよう!

 ■フォトコーナー
 本物のボートに乗り、ボートレーサーの衣装を着て、写真撮影をしよう!

 その他、「LINEお友だちキャンペーン!」や「ボートレース宮島ご来場キャンペーン!」など全て無料でお楽しみ頂けるコンテンツをたくさんご準備してお待ちしております。(概要)
 広島市西区観音新町4 広島マリーナポップにて
















パピヨンドーム

 広島遊学の森・広島市森林公園内にあるこんちゅう館です。いつでも50種類約1000頭の生きた昆虫を展示しています。 
 「パピヨンドーム」には亜熱帯の植物が茂り、一年中いつでも、沖縄のチョウを中心に約10種類500頭を展示している温室です。もちろん、その中に入ってじかに色とりどりのチョウとふれあうことができます。
 11:00~14:00くらいまでが一番チョウが飛び回る時間ですよ・・・(概要)
 チョウの名前が違っていましたらご教示願います。

 「ツマベニチョウ」はシロチョウ科の蝶の中ではかなり大型の種で、この大きな翅から連想されるイメージどおりの力強い飛び方をする事で知られ、 ヒラヒラと飛ぶ種類が多いシロチョウ科の蝶とは思えない、かなり特殊でユニークな蝶です。

 「オオゴマダラ」は日本に生息している蝶の中で最も大きいとされている種で、綺麗に羽を広げると大きいものでは15cmほどにもなります。基本的には熱帯アジアなど暑い地域に生息している蝶で国内においても喜界島(きかいじま)以南の南西諸島などにしか生息していません。

 「ツマムラサキマダラ」は前翅の表側にある光沢のある青紫色の模様が美しい事で知られる中型の蝶で、成虫はセンダングサ類の花に止まって吸蜜している姿がよく見られ、通常は翅を閉じて止まりますが、翅を開いたままにしている場合もあります。

 「カバタテハ」は翅の表は茶色に黒っぽい筋が入り,先端近くに白い点があります。飛ぶときには滑空するようにゆるやかに飛びますが,幼虫の食草であるトウダイグサ科の植物からはあまり遠くに行くことはありません。

 広島市東区福田町 広島市森林公園こんちゅう館パピヨンドームにて

感謝・還暦!広島城~よみがえった城

 原爆により倒壊した広島城天守閣は、昭和33年(1958)に再建され、広島城郷土館として開館し、今年で60年目を迎えました。その間、復興した広島の街のシンボルとして市民の皆様や国内外の多くの観光客から愛され、平成27年(2015)には入館者数が1,000万人を突破し、さらには全国的な「お城ブーム」などにより、ここ数年は毎年30万人以上の入館者があります。
 こうした皆様のこれまでのご愛顧に感謝し、還暦の節目をともに祝っていただくために、天守再建60周年記念展「感謝・還暦!広島城~よみがえった城」を開催いたしております。(概要)

 10才の時、広島復興大博覧会が開催され、第3会場になった「広島城」に来た記憶がありますよ・・・




 広島市中区基町21 広島城にて