銅 爺

広島周辺で身近な写真を撮り投稿しています。

球根ベゴニア 2

 球根ベゴニアはベゴニアの一種で、ペルー、ボリビアなどのアンデス高山地帯に分布する植物の交配種である。半耐寒性で暑さにきわめて弱い多年生植物で、フランス・イギリス・ドイツなどでは、家庭用の観賞植物として種子や球根が売られている。
 大輪系球根ベゴニアや、ファイアクラッカーなどの親である球根ベゴニアの原種の自生地は、アンデスの1500m以上の高地の環境です。アンデスの遺跡に行くと、必ずと言っていいほどお目にかかれるようです。地面に生えていると言うより、岩場にへばりついて生きているようです。そのような植物を日本で育てると言うことは、はっきり言って難しい・・・・(概要)






 広島市植物公園ベゴニア温室にて・・・

へんないきもの展~ナマモノ・・・

 世界最大のダンゴムシの仲間で、海底で生物の死骸を食べて生活しているため”深海の掃除屋”と呼ばれている「ダイオウグソクムシ」や、たくさんのトゲで敵から身を守り、名前に「カニ」とついているのに実はヤドカリの仲間である「イガグリガニ」、アリのように地中に巨大な巣をつくって役割分担して暮らし、地中での生活に適応したため、視力と体毛がなく歯が大きく発達した「ハダカデバネズミ」の他、”世界三大奇蟲”の「ウデムシ」「サソリモドキ」「ヒヨケムシ」などを一堂に集めて展示いたします。(概要)
 う・・・・・一寸・・・







 マリホ水族館附近にて・・・

球根ベゴニア

 球根ベゴニアはベゴニアの一種で、ペルー、ボリビアなどのアンデス高山地帯に分布する植物の交配種である。半耐寒性で暑さにきわめて弱い多年生植物で、フランス・イギリス・ドイツなどでは、家庭用の観賞植物として種子や球根が売られている。
 大輪系球根ベゴニアや、ファイアクラッカーなどの親である球根ベゴニアの原種の自生地は、アンデスの1500m以上の高地の環境です。アンデスの遺跡に行くと、必ずと言っていいほどお目にかかれるようです。地面に生えていると言うより、岩場にへばりついて生きているようです。そのような植物を日本で育てると言うことは、はっきり言って難しい・・・・(概要)





 広島市植物公園 ベゴニア温室にて・・・