銅爺のフォトログ

広島周辺で身近な写真を撮り投稿しています。

三原神明市(広島)


 瀬戸内の春祭りの先駆けとして知られ、毎年30万人以上の人出で賑わう西日本有数の縁日が今年も開催されます。期間中は、500軒を超える露店や催し物が軒を連ね、植木市やダルマ市も催されます。祭りのシンボルとなる高さ3.9m、重さ500kgもある日本一の大ダルマの登場や、2015年に約60年ぶりに復活した張り子のだるま行列が見どころとなっています。(概要) 11日まで







 広島県三原市 JR三原駅北側一帯にて

安芸郡熊野町(広島)

 筆の全国一シェアを誇る熊野筆の産地で製造が盛んであるとともに、広島市安芸区と呉市に隣接することから、近年は両市のベッドタウンとして開発が進んでいる。
人口は戦前は7,000人台、戦後しばらくは9,000人台で推移していたが、昭和40年代に熊野団地が建設されたことで人口が急増し、1975年に20,000人、1983年に25,000人を突破した。その後は25,000人前後で推移しているが、現在は減少傾向である。
広島県内の町では、府中町、海田町に次いで3番目に人口が多い。(概要)

 毎年9月23日には「筆まつり」が開催されます。

 様々な種類の筆を中心に、紙、硯、墨などが展示され、筆の企画展が行なわれている。筆職人による筆製作の実演は見ていて飽きない。俳優の片岡鶴太郎さんの作品展が時々開催されます。

 熊野町役場です。

 県道34号線 矢野 安浦線です。

 萩原地区にはわら葺屋根の住宅も残っていました。広島県安芸郡熊野町にて・・・
 

平和大通り・庚午線(広島)

 平和大通りは、第二次世界大戦中に 、建物を取り壊して防火帯にした歴史にはじまります。戦後は、平和記念公園とともに、 市民と行政の力で、世界恒久平和を訴える広島の意志を結集する場所としてあり続け ました。(概要)

 平和大橋西詰から西を望む・・・正面附近が1月に行われる全国男子駅伝のスタート地点で、その北側が広島平和記念公園です。5月の連休は「ひろしまフラワーフェスティバル」ですごく賑わいますよ・・・


 西平和大橋西詰から西を望む

 緑大橋から西を望む

 西観音町 中広通り交差から西を望む 北側(右寄り)の建物が広島市西消防署です。

 新己斐橋西詰から東を望む 西観音町電停から広電西広島駅まで併用軌道となっています。