銅 爺

広島周辺で身近な写真を撮り投稿しています。

サ ギ ソ ウ

 日本原産の湿地の野草です。白い清楚な花はサギが羽根を広げたように見えます。
 盛夏のころ、朝露に濡れて咲くサギソウの花。純白の白鷺の乱舞を思わせ、造形の妙を見せてくれます。涼しげな花は、しばし暑さを忘れさせてくれる一服の清涼剤です。
 サギソウの仲間は、世界の熱帯、温帯に約600種類の分布があるといわれています。日本のサギソウはハベナリア ラジアタと呼ばれる、世界に誇れる美しい花です。分布地は本州、四国、九州の高地を除く湿地に自生しています。(概要)





 広島市佐伯区倉重3 広島市植物公園にて


復 旧 2(広島)

 7月8日頃、畑賀川~3で投稿した場所の復旧状況を撮り投稿しました。当地区は91年前の9月の畑賀村大水害で60数名の犠牲者が発生しています。考えますのに大昔からある家は結構無事なんですが・・・

 河岸の復旧・・・

 県道84号線・・・

 県道84号線・・・

 市道は・・・

 県道85号線・・・
 広島市安芸区 畑賀川沿にて

夏花壇の植物(広島)

 花壇の植替えが行われていました。センニチコウ、ペンタス、コリウス、バーベナ、メランポジウム、トウガラシなどが見られますよ・・・
 センニチコウの仲間は、花そのものではなく紫やピンク、白、黄、赤に色づく苞を観賞します。暑さと乾燥に強く、日本の夏に適した性質で、長期間咲き続けます。庭や花壇、鉢に植えて育てたものが、切り花としてよく仏壇に飾られます。また、フラワーアレンジメントにも欠かせない素材です。苞の部分はドライフラワーにしても色があせにくいため、名前のとおり、千日色が変わらないのではないかと思うほどです。(概要)

 「センニチコウ」・・・



 正面が展示資料館ですよ・・・

 広島市佐伯区倉重3 広島市植物公園にて