銅爺のフォトログ

広島周辺で身近な写真を撮り投稿しています。

変化朝顔展

 江戸時代の2度の朝顔ブームを機に品種改良が大きく進んで観賞用植物となり、木版の図譜類も多数出版された。この時代には八重咲きや花弁が細かく切れたり、反り返ったりして本来の花型から様々に変化したものが生まれ、世間の注目を浴びたようです。



 広島市佐伯区倉重3 広島市植物公園にて