銅 爺

広島周辺で身近な写真を撮り投稿しています。

宮島の桜(広島)

 宮島には、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラなど約1900本の桜があります。例年4月上旬に満開となり、日本三景のひとつである宮島を彩ります。特に、多宝塔周辺から大元公園、藤の棚公園から大聖院は桜の名所として知られています。紅葉谷川沿いの宝蔵の傍に咲くシダレザクラや、千畳閣下の御文庫に咲くシダレザクラも風情があります。(概要)満開でしたよ・・・

 あせび歩道から北東の千畳閣、五重塔を望む・・・

 大元公園にて・・・

 大巌寺の境内から北の多宝塔を望む・・・境内では新郎新婦の写真撮影が行われていました。

 紅葉谷川沿い宝蔵傍に咲くシダレザクラ・・・

 千畳閣下の御文庫前に咲くシダレザクラ・・・
 広島県廿日市市 宮島町にて

元安川(広島)

 川の名は旧太田川との分岐点よりやや下流に架けられている元安橋に由来する。
元安川では1945年8月6日に原爆が落とされた際、熱線や放射線・爆風で傷ついた多数の被爆者たちが水を求めてこの川まできて亡くなったため、毎年8月6日夜には犠牲者を弔う灯籠流しがおこなわれる。また、元安橋付近の左岸側は「元安川オープンカフェ」として整備され、飲食店が出店している。河川遊覧船と「世界遺産航路」の元安桟橋がある。 元安川桟橋からその舟が出る。平和大橋下流側には、かき船が2隻営業している。(概要)

 元安川左岸から北側の元安橋を望む・・・

 万代橋から北側の平和大橋を望む・・・ 現在改装中であった・・・

 新明治橋から北側の万代橋を望む・・・

 明治橋から北側の新明治橋を望む・・・ここに国道2号線が東西に走っています。

 南大橋から北側の明治橋を望む・・・
 広島市中区 元安川界隈にて・・・

広島城の桜

 春には、広島城を囲むように桜が咲きます。毛利輝元が天正17年(1589)に築城した城。鯉城(りじょう)とも呼ばれている。天守閣はかつて国宝に指定されていたが、昭和20年(1945)の原爆投下によって倒壊してしまった。現在の5層天守閣は昭和33年(1958)の再建。武具の展示などがある内部は、城下町広島を学べる歴史資料館になっている。また、広島市中央公園内の一施設である広島城址公園として整備され、公園内には約480本の桜が植樹されている。広島市中心部の桜の名所のひとつとして、市民に親しまれている。(概要)2,3日のうちには満開なるようですよ・・・





 広島市中区基町 広島城附近にて