銅爺のフォトログ

広島を中心とした行事等の写真を撮り投稿しています。

縮景園(広島)

 もと浅野家の別邸の庭で、泉邸、お泉水と称せられてきた。元和6年(1620年)、広島藩主浅野長晟が紀州から広島に移封された翌年、茶人として知られる家老の上田宗箇に作庭させたもの。山川の景,京洛の態,深山の致を園の中に縮景したところからこの名がつけられた。

 広島市中区 縮景園にて




梅見茶会(広島県縮景園)

 広島県縮景園で早春恒例の「梅見茶会」が催されます。清風館に本席が、梅林に甘酒席が設けられ、それぞれお茶や甘酒を楽しみながら梅の開花の様子が観賞できます。園内には、紅梅、白梅あわせて17種類約110本が植えられており、その内約100本が梅林にあり、甘酒席では芳香を楽しめます。見頃は2月中旬から3月上旬となる見込みです。

 広島市中区  広島県縮景園にて



広島花の祭典 2

 広島最大級を誇る花のイベント「広島花の祭典」が、福屋広島駅前店で開催されます。2016年は“しあわせ”をテーマに、さまざまな種類の花が大集結し、会場を華やかに彩ります。特に、花のプロたちが技を駆使して装飾した「美花空間」は必見で、一足早い春を存分に堪能できます。生け花作品展や広島県花卉品評会、フラワーアレンジメントコンテストなども行われ、花好きには見逃せません。 2月23日まで